ムダ毛の自己処理のデメリット

ムダ毛に悩む女性・男性の多くは「どうやって脱毛をしようか」ということを考えるはず。脱毛メニューのあるエステティックサロンやクリニックへ行きプロに任せれば確実な効果が得られるでしょう。しかし費用の問題があります。両ワキの永久脱毛をひととおりしてもらうだけでも万単位のお金がかかります。また、忙しくてそういう場所へ行く時間が無いということも考えられます。

 

なるべくお金をかけず、自宅でも手軽にできる脱毛法としてもっとも手軽なのが毛抜きで1本1本抜くこと、あるいはカミソリやシェーバーで剃ることです。ただしこの方法にはマイナス面もつきものです。毛抜きはとにかく時間がかかりますし、中途半端に抜けると毛根が残り肌が黒ずんでしまいます。カミソリやシェーバーは、毛を剃るのと同時に肌も傷つけており、カミソリ負けで赤くひりひりしたり、肌が黒ずんだり乾燥したりというトラブルも出てきます。毛根を抜くわけではないので、すぐにまた毛は生えてきてしまいます。

 

そのほかの方法としてワックスやテープを使う「剥がす」脱毛法があります。これは広範囲を一気に脱毛できるのですが剥がすタイミングが悪いととても痛いですし、ワックス剤が合わないとこれも肌トラブルの原因となってしまいます。

 

少々費用はかかりますが家庭用脱毛機という便利なものが種販売されています。効果については個人差がありますが、ネットの口コミ掲示板では、1本1本の処理が大変なこと、カートリッジ交換や化粧品の継続購入など面倒な点があることなどの声がありました。