様々なレーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛には、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーのほかにも、目的や対象者に応じて数種類のレーザー機器が使用されています。
ヤグ(YAGとは複合元素の頭文字です)レーザー脱毛法は波長の長い(1064nm)強力な赤外線を照射できる機器を使用します。ダイオードやアレキサンドライトに比べるとメラニン色素への反応はやや弱くなっていますので、肌のメラニン色素が強い部分、つまり日焼けした肌、色素沈着した肌などの脱毛も可能な機器となっています。また、皮膚の深いところまで熱が伝わるので、男性の太く硬いヒゲ脱毛に採用されることが多いようです。

 

ライトシェアデュエットは、医療用光学機器メーカーが開発した脱毛機で、最新のものは照射口を広くすることで施術の時間を短くし、また脱毛する部分の皮膚を吸引して伸ばし広げることで効率的に照射エネルギーが加えられ、痛みが抑えられるようになっています。大きな照射口は背中や太ももなど広い範囲の脱毛に向いています。

 

ほかにもコメットという脱毛機を採用するクリニックもあります。コメットは、ダイオードレーザーに高周波(RF)をプラスした最新の医療脱毛機器で、脱毛に加えて美肌効果も期待できるものです。まずダイオードレーザーで毛根部分に熱を加え、その上で高周波をあてることで毛根部分を確実に破壊することで効果的に脱毛が可能になるといわれています。この高周波が細かい部分の毛やうぶ毛などの軟毛もきれいに脱毛してくれます。独特の照射スポットによりムラのない脱毛ができます。